第七話 <ワケ>

f0189850_9494165.jpg

皆さんコメントありがとうございます!!

やぁ~やっとのストーリー更新ですよ。

展開が早いかな・・・とりあえず頑張ってみますよ。





f0189850_951147.jpg

ギャロップ 「さぁ、始めようか。」

f0189850_9511748.jpg

オクト 「待て、ある人に依頼されている・・・といったな。いったい誰に?」

f0189850_9512077.jpg

ギャロップ 「それはお前を倒し、ニオ君を連れていけば・・・」

f0189850_9512532.jpg

ギャロップ 「分かるっ!!」
ギィンッ!
ニオ 「わっ!」

f0189850_9512816.jpg

さっ

f0189850_9513323.jpg

ザァァアア!

f0189850_951385.jpg

ズドンッ!

ニオ 「うわぁ!」

f0189850_9514372.jpg

さっ

ギャロップ 「!!」

f0189850_9514885.jpg

ヒュッ
バラバラバラ・・・

ギャロップ 「くぅ・・・」


f0189850_9515340.jpg

ニオ 「すごい・・・」

f0189850_9515895.jpg

オクト 「完敗だな。」
ギャロップ 「ハハッ・・・流石は炎の戦士だ・・・」

f0189850_952328.jpg

オクト 「さぁ、話してもらおうか?」
ギャロップ 「その前にお姫様らも集めないといけない・・・」











f0189850_9521086.jpg

「スイマセンでした!!」

ツイビィ 「貴様それで許されるとでも・・・!!!」
ミィナ 「待ってツイビィ、いいのよ、私は。」

f0189850_9521666.jpg

ツイビィ 「しかし、私は・・・」
ミィナ 「きっと何かワケがあるのよ。すべての行動には必ずワケがあるでしょう?そのワケがどんなものであるにせよ。」

オクト 「話を一度、聞いてみないか・・・?」
ツイビィ 「了解した・・・」

f0189850_9522118.jpg

ギャロップ 「まずは俺が何故ここに攻め入ったのか。」

f0189850_9525627.jpg

ギャロップ 「俺は旅をしていた。ニオ君よりもずっと前から。ニオ君は最近始まったばかりだろう?

旅の途中で風のうわさを耳にしてね・・・炎の戦士オクトが赤い少年を連れて旅をしていると・・・嘘か誠かは分からなかったけど、俺は信じてみた。
しかも、今各地で多発しているセセイモスによる村の破壊と昔炎の戦士オクトが戦っていたことと、何か関係があるような気がしたんだ。

だから、この区域に来てオクトとニオ君を見つけようとしたんだ。

そして、何故この場所を選んだのか。

ここに来る途中でとある都市に寄ったんだ。
とある都市とはグリ・ヌオのこと。」

オクト 「グリ・ヌオだって!?俺たちはまさにそこに行こうとしていたところだ。」

ギャロップ 「そうなのか!そこまでは知らなかった・・・

話を戻すけど、そのグリ・ヌオで面白い話を耳にしてね・・・

その話の内容は、

グリ・ヌオの近くにある城のお嬢様が悪者に狙われてるって。

それはうわさ話ではなく本当の話だそうだ。」

f0189850_953869.jpg

ツイビィ 「貴様・・・悪者というのは貴様のことじゃないのか!!」
ギャロップ 「落ち着け!話は最後まで聞くんだっ!それからにしてくれ!」

f0189850_9531661.jpg

「俺は昔情報員をやっていて、当然オクトの情報も持っていたんだ。
その話を聞いた瞬間思い出してね、勇者オクトとそこの城の人たちは親密な関係があるっていう情報があったことを。

だから騒動を起こして悪者がお姫様に長い間近づけないように手助けしてやるのと、ニオ君たちと遭遇するのを都合よく合わせることができたんだ。」

オクト 「なるほどな・・・」

ギャロップ 「やとわれてるってのはウソ、そのほうが面白いかなぁなんてw」

オクト 「こいつの話・・・信じてやってもいいんじゃないか?」
ミィナ 「オクトがそういうならきっと大丈夫♪」
ツイビィ 「だがお嬢様への無礼行為は許さんぞ。」
ギャロップ 「だからスイマセンでしたって・・・」

f0189850_9532196.jpg

ツイビィ 「この男の言うことが本当なのであれば、今すぐ兵を固めて対策を取らねば・・・」
ミィナ 「そうね、その悪者ってのが私を狙っているんでしょう?だったらそれに備えないとっ♪」

f0189850_9532753.jpg

オクト 「で、さっきから何2人で遊んでるんだ?」
ニオ 「いやぁ・・・あんまり長い話は好きじゃなくて・・・ついジャンケンをして遊んでた。」




オクト 「お前はこの先どうするんだ?」
ギャロップ 「できれば仲間に入れてもらいたい、仲間も情報も多いほうがいいだろ?」
ニオ 「じゃぁ・・・」
オクト 「とりあえずメンバーの追加だな。」

f0189850_9533310.jpg

ギャロップ 「よろしく。」
オクト 「あぁ。」
ニオ 「仲間が増えると旅も楽しくなるよ!」








[PR]

by nuzyuitiban | 2009-06-07 10:40 | BIONICLE Story